マナマカニ

ARTICLE PAGE

アフリカオオノガン


昨日12月7日は大雪。
寒さが強まり平地でも雪が降る頃・・・
暦通りの寒さになりました。

東京はポツポツ雨が降ってきましたが、
雪になるのではないかというような寒さです。

今日のKENYAアンボセリの最高気温は25℃、最低気温は17℃だそうです。
ツァボもそのくらいでしょうか。

今週ご紹介するのは、
ツァボ・イースト国立公園で観た『アフリカオオノガン』です。

th_A_MG_0777.jpg
その名の通りツル目ノガン科に分類されるガンの仲間です。

大きいものだと1.5m、翼開長2.5mぐらいだそうです。
先週紹介したヘビクイワシとほぼ同じ大きさですが、
体重が全然違います。

ヘビクイワシは重くても4kgほどとされるのに対し、
アフリカオオノガンは18kgという記述もあります。
飛べる鳥の中では最も重いらしいです。


一生同じ伴侶とつがい樹上に巣を作るヘビクイワシと対照的に、
アフリカオオノガンは特定のパートナーを持たず単独行動で
地面に巣を作り、メスだけで子育てするとか。

種や植物、虫、小さい哺乳類に至るまで何でも食べるそうです。
鳥にしては皮下脂肪3cmとも。
それでも飛べちゃうんですね〜。

ヒナの生存率は低いそうですが、
成鳥になれば重すぎて猛禽類の餌になることは少なく、
肉食獣が襲ってきたときには飛んで逃げられるという
なんともたくましい鳥です。

もっともあまり高く飛ぶことはないようです。


サバンナを悠々と”歩く”姿がとても印象的でした。

th_A_MG_0778.jpg



それではまた。



家族や友人・動物たちとのかけがえのない時間・・・その瞬間を残しませんか?
プロフィール、イベント、さりげない日常、スポーツなど、出張撮影を承ります。
また、写真データの貸し出しや作品の販売など、お気軽にお問い合わせください。

ホームページ https://www.manamakani.com
お問い合わせ alohamanamakani@gmail.com