FC2ブログ

マナマカニ

ARTICLE PAGE

イボちゃん登場!(体の色のお話も・・・)


2019年が始まりました。

皆様にとって笑顔輝く年でありますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



今年は亥年。

そこで新年最初のブログは干支にあやかり
イボちゃんこと『イボイノシシ』の登場です。


日本にいるイノシシと体長は同じくらいですが
体型は足長スリムでなかなか格好いいです。

th2018081イボと体色IMG_1460



身体は灰褐色ですが、泥浴びをするので
その土地の色に染まります。


上の写真はアンボセリ。
ここは火山灰土なのでイボイノシシ本来の体色に近いかな?
と想像しています。



そして下がツァボ・イースト。

thA_MG_0868.jpg

ツァボの土は赤。
同じイボイノシシでもまるで違いますね。



ゾウも泥を身に纏うので土の色が体色のように見えます。


th2018081イボと体色IMG_2338

上がアンボセリ




下がツァボ・イースト

th2018082イボと体色IMG_0585



赤土に染まったイボちゃんやゾウの方がカッコよく見える気がするのですが、
いかがですか?




イボイノシシの特徴はその名の通り顔にあるイボと
そして立派なキバ。

th2018081イボと体色IMG_1805



横から見ると・・・

th2018081イボと体色IMG_1807

こんな風に口がめくれ上がっているんですねぇ。


上のイボちゃんはトレードマークのイボが小さめですが


下のイボちゃんはしっかりイボイボ。

th2018081イボと体色IMG_1814


このイボ、目の近くと頬に一対ずつ、合計4つあります。


おそらく左側は子どもなのですが、仙人のような立派なヒゲが生えていて
人間的に見ると年寄り感があって面白いです。

ちなみにイボイノシシの子どもは縞はなく
ウリ坊にあらず、です。




イボイノシシ は尻尾をアンテナのようにピンと立てて
一斉に走り出します。

thA_MG_0872.jpg

この姿がなんとも愛嬌があって、
これを見るとほどんどの人がイボちゃんのファンになってしまうようです。



2019年、イボイノシシにあやかって
心のアンテナを高くして感度を上げ、心豊かに暮らしてゆきたいですね。



それでは。



イボイノシシ Warthog 偶蹄目 イノシシ科
体長 110-150cm
肩高 65-85cm
体重 50-150kg




マナマカニHP
https://www.manamakani.com
出張撮影・作品販売・データ貸出などお気軽にお問い合わせください。