FC2ブログ

マナマカニ

ARTICLE PAGE

プロボクサー・島野りーみん

今回は8月10日後楽園ホールで行われた
女子プロボクサー・島野りーみん選手プロデビュー三戦目の写真です。


>試合直前のウォーミングアップ
th_A46I0110.jpg



島野選手は元ガールズケイリンの選手。

競輪界で大きな話題となった『復活・女子競輪』あらため
ガールズケイリンの一期生として活躍。

気持ちの入ったエネルギッシュな走りと
元気いっぱいの言動でファンを魅了。


2016年、東京五輪を目指しボクシングに転向も、
別競技であってもプロとしてデビューした選手は五輪には出場できないという規則のため、
心機一転プロボクサーへ。

2017年7月、1回1分42秒TKOで鮮やかなデビューを飾りました。


女子は選手数が少なく、理想とする階級での対戦相手を探すのが困難だそうで
二回戦はスーパーフェザー級(58.9kg以下)からフェザー級(57.1kg以下)へ階級を落とし、
かなり厳しい減量の末の試合となりました。

結果、実力者を相手に判定負け。

しかし、打たれても打たれても、ひるむことなく、倒れることなく
相手に向かっていく姿に胸が熱くなりました。
勝敗よりも、その姿に感動した人が多かったはずです。


そして、迎えた今回の三戦目は
契約ウエイト(58.0kg)での試合。
減量は順調だったとききました。

ただ、

「もう負けられない」

そんな重圧が、これまで以上にプレッシャーとしてのしかかっていたのではないかと想像します。


>控室で集中力を高めていく島野選手。
th_A46I0003.jpg

th_A46I0016.jpg


公営競技であるガールズケイリンのレーサーとして走っていた島野選手、
観客の期待、それに応えるアスリート・・・
単なるスポーツを超えたプロスポーツのあり方を知っているからこその重圧だったのではないでしょうか。


試合前、ガウンに身をつつみ、自分を奮い立たせているその姿がとても強く心に残りました。


>リングへ
th_A46I0135.jpg

th_3Q9A0150.jpg

th_A46I0170.jpg



試合は、初回にダウンを奪った島野選手が、
大きな差をつけて判定で勝利。

th_3Q9A0170-2.jpg

th_A46I0409.jpg

th_A46I0267.jpg

th_A46I0428.jpg

th_A46I0456.jpg

最高の笑顔です。


華やかなガールズケイリンの世界から
「1対1で打ち合う」過酷で孤独なボクシングの世界へ。
目指すは世界チャンピオン。

現在、島野選手は36歳。
アスリートとしては決して若くない年齢です。


座右の銘は

『Doubt Your Limits』


それは、年齢やキャリアに関係なく
既成概念や自分の殻を破り羽ばたきたい人たちへの
大きなエールになるに違いありません。


がんばれ、島野りーみん。
世界へはばたけ。

th_A46I0080.jpg



マナマカニHP
https://www.manamakani.com/
出張撮影・作品販売・データ貸出など気軽にお問い合わせください。