FC2ブログ

マナマカニ

ARTICLE PAGE

ブチハイエナ Spotted Hyena

年が明け早くも20日になろうとしています。
2018年が本格始動したなぁと、なんとはなしに感じるこの頃です。

今回は戌年にちなんでイヌっぽい画像をと思い、ブチハイエナを選びました。
th_C_MG_0294のコピー

が・・・


ブチハイエナ Spotted Hyena
ネコ目(食肉目)ハイエナ科 ブチハイエナ属

そうなんです。
ハイエナは”ネコ”目なんです。


でもね、実は犬も”ネコ”目なんですよね。
ネコ目(食肉目)イヌ科イヌ属


デジタル大辞林 http://www.daijisen.jp/digital/
によると食肉目にはイヌ・ネコ・くま・パンダ・アライグマ・イタチ・ジャコウネコ・ハイエナの8科があるそうです。

ネコ目はもともと「食肉目」とされていたのですが、
分かりやすいほうがいいだろうということで食肉目からネコ目になったとか。
うーん、かえって分かりにくい気も・・・(笑)
まぁ竹や笹が主食のパンダもこの目(モク)なのでいずれにしても分かりにくいですね。


その中でもハイエナはどちかというとイヌ科よりもネコ科に近いのだそうです。




さて、ハイエナというと日本では悪役の代名詞のようになっています。

「ハイエナのような・・・」

すなわち
貪欲になにかにむらがったり横取りする悪いヤツというイメージです。

しかし、実際には名ハンターであり、
狩りをした獲物をライオンに横取りされることもめずらしくないようです。
また群れの仲間を助け合う社会性の高い動物だという記事も多くみかけます。


このハイエナは一頭で現れ、
幾度かこちらを振り返りブッシュの中に消えていきました。
th_C_MG_0296のコピー


時は夕方。
夜行性のハイエナたちが活発に動き始める時間でしょうか。

野生動物は”生きるために生きている”・・・
とったりとられたり、
食ったり食われたりは大きなつながりの中での必然。



それに・・・

ハイエナの顔ってタレ目(ここは”モク”ではなく”メ”と読んでください)でかわいい。

th_C_MG_0288のコピー


これからは

「ハイエナのような・・・」

という表現は使わないようにしよーっと。



そもそも「悪い動物」というのは人の都合で作ったもの。
動物に限らずですが、
「多様性を尊重できる」そんな2018年でありたいと思っています。



それではまた。